笑顔の作業員

新生活に役立つ引越し情報をお届け|他社と比較してみよう

利用する時に必要な費用

ウーマン

一人暮らしで自分で引越しをする人もいますが、遠距離や家族の場合は引越し業者を利用するのが普通です。業者には大手業者、地域密着の業者、赤帽などがあります。予算を立てる際には、引越し費用の相場が参考になります。

読んでみよう

引越し会社の探し方

メンズ

引っ越し業者を探すときは、相見積もりを積極的に行うようにしてください。相見積もりをすることによって、業者の特徴を見分けることができるようになります。業者選びに迷った時は、担当者の人柄で判断すると良いでしょう。

読んでみよう

費用を節約するには

ウーマン

計画を立てる

新生活を始めるときに意外とかかるのが、引越しに関連する費用です。しかし、余裕を持って引越しをすれば、何万円も節約できます。たとえば引越し費用を一括見積もりをすれば、安い引越し業者がすぐにわかります。都内から神奈川県内に引越しをする場合、一括見積もりをすれば2万円以内に抑えることが可能です。荷物の梱包はコツコツとやっておけば、あとで慌てずに済みます。掃除をして出た粗大ごみや不用品は、早めにリサイクルに出すことも大切です。運搬する荷物を可能な限り少なくすることは、引越し費用を節約する上で1番大事なことです。また、タンスの奥に眠っているブランド物は、オークションで売却すると高値がつくことがあります。

費用の仕組み

プロの業者に依頼したときに発生するのが引越し費用です。都内から神奈川のケースなら、トラックのレンタル代、作業員の人件費、ガソリン代、資材代などの合計が引越し費用として請求されます。神奈川への引越し費用は、一人暮らしで2万円、夫婦やカップルで3万円、3人以上の家族で8万円が相場です。有料のオプションを選択するとさらに費用が高くなります。また、どの時期に依頼するかにもよります。3月ごろは1番忙しく、費用が高くなる時期です。神奈川への単身引越しでも4万円近い費用がかかります。春から夏にかけては落ちついてくるので、費用が安くなります。また、平日割りがある業者なら平日に依頼することで費用を節約できます。

快適な生活のために

男の人

引越し業者を選ぶうえで大切なのは、安心して頼めるかどうかということです。新しい生活へと気持ちよく移行するためにも大切なことです。そして、自分ができることは何かを考えて、自分に合ったプランを選ぶことで低価格で引越しをすることができます。

読んでみよう